2011年6月1日

宮台真司『終わりなき日常を生きろ』/終わりなき非日常を生きる世界で/超人としょこたん

宮台真司の『終わりなき日常を生きろ 』を読んだ。
この東日本大震災で「終わりなき日常」が根本から覆されたと言わざるを得ない、むしろ「終わりなき非日常」が始まったともいえる今、なぜかこの本が読みたくなったのだ。
この本はサブタイトルに「オウム完全克服マニュアル」とあるように、まだオウムが一番の社会不安と一番の話題であった時代、今から十五年ほど前の1995年に出版された本である。
「朝まで生テレビ」で「ブルセラ社会学者」として一躍有名になった当時の彼は、気鋭の社会学者として売り出す一環として、結構慌ててこの本を出版したらしい。
あまり推敲や編集に手をかけていない割りに、宮台真司といえば『終わりなき日常を生きろ』と言えるほど、この本は彼の一番の主著といえるだろう。
阪神大震災、地下鉄サリン事件と日本の日常と安全保障を根本から揺さぶった二つの出来事が起こってしまった後でも、それらの事件の前と同じように生ぬるく続く日常はまったく変わらなかった。
世界はそんな「終わりなき日常」が死ぬまで延々と続く地獄であるという世界観を前提にしたうえで、
「素晴らしい未来」などというものが幻想でしかないことの確信を抱きながら、「いきがい」や「生きる意味」を持たずにただ日々を生きることに耐えられず、「救い」と「意味」を求めてオウムのようなカルトに吸収された層とはまったく対照的に、
意味も救いも将来も望まず、従来のモラルも踏み越えて、ただ友人たちとコミュニケーションしながら、「ゆるく」日常を面白おかしく生きて行く、当時の高校生あたりの若い世代の、いわゆる「コギャル」などと呼ばれた層を、そんな「当時の現代」に最も上手くポジティブに適応した形だとして、彼女たちのように「終わりなき日常を生き抜く」技術なり方法がこれからの現代に必須になる。
というところがこの本の骨子であろうか。

(続きを読む...)

2011年4月18日

兵站学的に義捐金を考える/ロジスティクスは後方ではない

色々な団体がこの東日本大震災に際して義捐金を募集している。
街頭や店先で募金活動を行いながら集まった義捐金を自分のポケットに入れる詐欺が横行しているということで、
寄付はちゃんとした出所の正しい団体に正式なルートを通して行うのが基本ということになっている。
とはいえ、一見ちゃんとした団体と同じ名称を使いながらも実際はまったくの別団体のピンハネ組織であるようなこともあるからなかなか難しい。
せっかくの寄付を無駄にしないためにも、募金先はよく検討して調べてからにしたほうが良いようです。
現在一番無難な募金先といわれているのは日本赤十字社で間違いないだろう。
ここをたどっていけば銀行振り込みからカード払いはもちろん、コンビニ決済までできる。
カード持ってないって人は銀行やゆうちょ銀行から振り込みで、振り込みが面倒くさい方はコンビニ決済、それすら面倒な人はレジ脇の募金箱にINですな。
日本赤十字社への寄付は、所得税の寄付金控除の対象となるので、自分で確定申告やら青色申告している人は、節税ということで「国に税金払うくらいなら寄付するわい」と銀行振り込みかカードかコンビニ決済でポポポポ~ン!
あと、そのほかの方法としてツタヤのT-カードとかのポイントを寄付として使うことも出来るようである。ちょっとお金出すのは辛いという人もこれならお手軽に寄付できますぞ。
さらにはアマゾンで壁紙を買う形で寄付とか、ホタルイカを買えば15%が義捐金になるとか、平時は人が詐欺に使うような無駄に様々なアイデアを生み出すエネルギーが義捐金捻出に使われていて笑えますな。
しかしながらこの震災はあまりも大規模すぎていまだに被害の全貌すらつかめていない状態であるようだ。
世界各国、日本各地から集まった膨大な義捐金は2011年4月8日時点で「一時分配金の割合が決まった」段階であり、4月16日時点でも不明者が多すぎて分配に遅れが出そうな見通しである。
震災から一ヶ月たったけど、今でもこの義捐金は被災者に一円たりとも配布されていない状況である。
そして、そのあいだにも被災地の仮設住宅やそこいらで、あのカタストロフィーを生き残った人々が、衰弱から感染症から自殺まであらゆる原因で今もバタバタと死に続けている。
寄付をしたものの、まだそれが生かされていないと思うとなんとも歯がゆい。補給路を切られてしまい孤立した部隊を見守るようなもどかしさとはこんな感じであろうか?
ではどうすればいいのか?

(続きを読む...)

2011年4月12日

31日後/レベル7/名も無き

震災から丁度1ヶ月が過ぎて2ヶ月目に入った4月12日、原子力安全・保安院は福島第一原発の事故評価をINES基準の国際指標「レベル7」に引き上げた。
これによってこの福島第一原子力発電所の事故は名実ともに世界ランク同率一位の事故に躍り出たわけであるが、
事故当初はレベル4としていた評価を後にレベル5に引き上げた後、
海外からは最初から6相当と見積もられていたレベルをすっ飛ばしてレベル7ということである。
まるで殉職した警察官のような二階級特進ですな。
ネット上では「スリーマイル以上チェルノブイリ未満のレベル6」という声が多かったような気がするのだが、それをさらに上回る評価を、あの保安院が下したということは事態の大きさと深刻さを物語っているように思うし、
世間的に「なんとなく収束?」みたいな空気を根底からひっくり返す様なインパクトがある。
しかも、すべてが終わった時点で下した評価ではなく、まだまだ事態は進行中であるのだ。
「レベル7まで行ったら戻れない」って宮部みゆきの小説を思い出した。というか、レベル8新設とか絶対止めてほしいですな。
そして、その一日前の4月11日、大阪の会社が福島第一原発での派遣業員を募集していた。
4/11 15:47時点での魚拓 

(続きを読む...)

2011年4月4日

前線で/死者のために

今日あたりから職場の桜が咲きかけてきた。
日本気象協会によれば、日本の開花予想はこんな感じらしい
chart_large_2011.jpg
この季節になるとよく見るような桜前線マップな画像であるが、
この桜前線マップとよく似たこの画像、
20110404-199126-1-L.jpg
ドイツの気象局の発表した、4月5日午後9時時点での福島の放射性物質の拡散マップということである。関西直撃ということになってますな。あーもー望むところじゃー
日本では公表されてない画像と言うことらしいけど、
同じ季節に発表される「桜前線マップ」と「放射性物質の拡散マップ」って似たような画像でありながらおよそ対極にあるような気がしますな。

(続きを読む...)

2011年3月30日

金子みすゞ展/深遠を越えた先に見えるもの/芸術を鑑賞するとは

最初はセシウム137が出たってだけで「びぇぇぇーー」って滅茶苦茶ビビッたのに、
今やプルトニウムが検出されたって聞いても「フーンやっぱり」としか思わない自分に驚く今日この頃。
「漏れてない?」っていうと、
「漏れてない」っていう。
「溶融してない?」っていうと、
「溶融してない」っていう。
「プルトニウム238?」っていうと、
「プルトニウム238」っていう。
そうして、あとで、こわくなって、
「本当に安全?」っていうと、
「ただちに健康に影響しない」っていう。
こだまでしょうか。
いいえ、東電です。
ということで、京都の大丸ミュージアムでやっていた「金子みすゞ展」に行ってきた。
いわゆる展覧会的な金子みすゞの作品の解説や彼女の生まれた時から死ぬまでにわたる生涯についての展示はほとんど半分だけで、後の半分は金子みすゞに影響を受けたり金子みすゞを好きな著名人による、金子みすゞ自身や彼女の詩にについての思いやメッセージを作品つきでパネル展示してあった。
総勢64人に上る著名人のパネルがだーっと並んでおり、展覧会的にはこっちにもかなり力を入れていたのだろうが、松岡修造の金子みすゞについての妙に暑苦しいメッセージがあまりに達筆でとても綺麗な字で驚き、彼の高感度がますます増したことしか覚えていない。
それよりも私は、前半の金子みすゞについての生涯の展示があまりにも衝撃的だったのだ。
私自身は金子みすゞについてはJURA出版から出ている三冊の本『わたしと小鳥とすずと 』『明るいほうへ 』『このみちをゆこうよ 』を読んだことがあるだけで、その生涯についてはほとんど知らなかった。
若くして死んでいたことは知っていたけど、それはなんか病気か何かだろうと思っていた。
しかし、この展覧会で彼女の生涯をはじめて詳細にわたって知ったのだが、なかなかにドラマチックで、そして衝撃的だった。
なによりも衝撃的だったのは、このような「ほのぼの系でありながらも達観系悟り系」の詩を書いた金子みすゞが自殺していたということである。
なんというか、人間として初めて素潜りで100メートルを超えたジャック・マイヨールが自殺していたことを知ったときと同じくらいの衝撃であった。
って、展覧会の話ではないけど、その金子みすゞの生涯について、そして彼女の死について、展覧会で知ったことに加えて書いてみる。

(続きを読む...)

2011年3月28日

週ごと、24時間ごとの京都の放射線量推移グラフ

先日、京都にあるARIS(京都府環境放射線監視テレメーターシステム)のモニタリングポストで計測され公開されている放射線量を見やすく整形して表示するWEBアプリを作った。
これを作るにあたって、ついでに密かに定期的にデーターを取得してデーターベースに溜め込んでいたのだが、そのデーターの蓄積を始めてやっと一週間経過したので、そのデーターをもとに自動的にグラフ化してくれるシステムを作ってみた。
とりあえずのところ正常動作しているので公開してみる。
上のグラフが一週間の、下のグラフが24時間の推移のグラフである。
上の週グラフは一日三回、0時、8時、16時に、
下の日グラフは、毎時自動更新されます。
京都の放射線量週間推移
京都の放射線量24時間推移

(続きを読む...)

2011年3月24日

震災で世界認識が変わる

「後五分で死ぬとしたら何をするか?」という風な話は定期的に話題に上るものであるが、
震災が起こる一週間ほど前に、後五分で自分が死ぬことを知った男がとった行動を逆回しで撮った作品「Tick Tock」が、学生たちを対象にしたムービーフェスティバル「Emory Campus MovieFest」にて最優秀作品賞を獲得したことがニュースになっていた
こういった映像や話題は見るものに対して「あなたが五分後に死ぬとしたら何をするのか?」という問いを投げかけるものであり、
かつ同時に、一年でも一ヶ月でも一日でもない5分という何の準備も用意もできないような時間設定が、
結果として「五分後に死んでも悔いの無いように生きる」という結論を自動的に引き出して意識させるような構造になっているように思う。
このムービーを見て、また、「残り~の命」と死までのタイムリミットを設定されてしまった人を結構身近に持って、生きることそのものについて少しリアルに意識が向きかけ、そういったテーマで本やら何やらを探しかけようとしているところにこの東北関東大震災が起こった。
今まで、それこそ自ら命を絶ったり事故や病気で死なない限り、死なないレベルで苦しみながら終わらない日常を延々と死ぬまで生き続けるような「苦モデル」あるいは「生モデル」をベースにした世界に生きていたように思う。
しかし、この東北関東大震災を目の当たりにして、自分はいつ死んでもおかしくない、圧倒的な何ものかに突然殺される事も大いにありうる、という認識をリアルに感じられるようになって、この「苦モデル」や「生モデル」を前提とされていた世界観はかなり揺らいだように思う。
おそらく、震災真っ只中の今の日本は、このような認識と感覚をどこかで共有しているのではないだろうか。
書いているうちについつい長くなった。そして最後まで読み返してみれば、長いだけでなくかなり痛くもある文章でもある。
なぜこんなことを書いたのか良くわからないが、それでもこの長くて痛い文章は、私にとって書かれる必要があったのだと思う。

(続きを読む...)

2011年3月23日

ポポポポ~ン欲は渇愛だ

最近、メールやら会話やらの語尾に「ポポポポ~ン」をつけたくなる欲求を抑えられない。
この語尾に「ポポポポ~ン」をつけたくなる欲求は、人間存在の根底にある何ものかを理屈抜きにダイレクトに刺激するようなアプリオリな欲求であるように思う。
このような類の、意味は無いけどついつい言わずにはおれない欲求を総称して
「ポポポポ~ン欲」と名づけてもいいくらいだと思うくらいである。
親しい人どうしだけで行使される「ポポポポ~ン欲」なら大して問題は無いけど、仕事中や外にいる時に「ポポポポ~ン欲」が高まってくるとかなり危険な状態である。
内線電話や業務メールで思わず「ポポポポ~ン」と言ったり書いたりしてしまうと、「直ちに被害や影響があるわけではない」ものの、ちょっとアウトであることには間違いない。
ということで「好きなだけ「ポポポポ~ン」するボタン」なるものを見つけたので、お持ち帰りして張ってみました。
オリジナルはAZ FLASHの「好きなだけ「ポポポポ~ン」するボタン」です。
音声をONにして思う存分「ポポポポ~ン欲」に打ち震えてください。また仕事中の方は音が出ますのでご注意ください。

(続きを読む...)

2011年3月20日

魔法の言葉で〜 怪しい〜 噂が〜 ぽぽぽぽーん♪

「拡散して〜♪ 拡散しテナガエビ!」
「詳しい人から聞きました〜♪ 聞きましタナゴ!」
「政府は事実を隠してる〜♪隠してルリヨシノボリ!」
「実はらしいです〜♪ らしいでスナヤツメ!」
「大至急〜♪ 大至キュウリウオ
魔法の言葉で〜 怪しい〜 噂が〜 ぽぽぽぽーん♪
ということで、出回ってるデマの検証サイトを紹介。

(続きを読む...)

2011年3月18日

疑心暗鬼と デマ拡散と 心強さと

福島の原発事故のからみで東京電力と原子力発電・保安院が情報を隠蔽しちょるーという声があります。
で、その決定的な証拠だとしてネット上で拡散している画像がコレだそうです。
「保安院 隠蔽」で画像検索してみてるとたくさん出てきます。
inpei.jpg
コ、コレはwww
と思いましたが、その後の調査で真相が判明しました。

(続きを読む...)

« Previous | Next »