« | »

2009年4月5日

グレン・グールド「ブラームス:4つのバラード、2つのラプソディ、間奏曲集」

ブラームスと言うとロマン派であるけど、昔からロマン派と呼ばれる作曲家のピアノ、しかもソナタでもコンチェルトでもないのは甘ったる過ぎてあまり好きではないので、このCDはグールドのCDの中ではゴールドベルグに次いで有名なものひとつであるけど、今まで聴いたことが無かった。
しかし、最近、ブラームスのピアノソナタとチェロソナタ、そして交響曲を聴いて、ブラームスのイメージが一変した上に、私の中では「わたしずるいんですの原節子」な某レディーのお気に入りの一枚でもあるということで、もうこれはぜひ聴いておかんとと言うことで聴いてみた。
このCDは「ロマン派」という括りで言及されるので、甘々なグールドなんか見たくないし甘々な曲なんか聴きたくないと多少覚悟して聞いたのだが、流石にグールドはそんな曲を弾く筈が無い。
確かにグールドにすれば甘い方やけど、甘すぎない甘みをちゃんと表現していてこれは心地よかった。
なんというか、生クリームと砂糖べったりのショートケーキではなく、サツマイモやかぼちゃの甘みがきっちり出ているパイと言う感じであろうか。


それに何よりグールドのCDの中で一番ジャケットが好きなのもこのCDである。ふんぞり返ったグールドがグールドらしくて良い感じである。
このCDの間奏曲が彼のピアニストのキャリアとしての最初期の録音で、「バラード集」と「2つのラプソディ」は彼の最後の録音ということであるけど、やっぱり「バラード集」と「2つのラプソディ」がきりっとしていて素晴らしい。
美しさが神経質さと同居しているようなグールド独特の雰囲気が良く出ているように思う。

Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>