« | »

2009年5月30日

エキサイティング海

古い友人と海へ釣りに行った。
朝の三時に家を出て夜明けから釣り始める。なんだろう。なんかこんな感覚は本当に久しぶりだ。
syorijou.jpg釣り場に到着して、そこにあった看板を見てぎょっとした。
犬熊処理場は犬や熊を処理する施設なのではなく、犬熊という土地にある処理場だと思い当たるまでの数秒間がとてもエキサイティングだった。
で、アオリイカかコウイカを釣ってやろうと意気込んでいたが全く釣れず。一度だけ巨大なスズキがエギを追いかけてきてアドレナリンを無駄に放出したのみ。エギのオーバーアクションでやたらと疲れた。
サビキに群れるグレの憎たらしい事憎たらしい事。友人がラインブレイクによりアミカゴを海底に沈めて前半戦はあえなくゲームセット。


砂浜に移動して釣り始めるも、友人の仕掛けにはシロギスが喰い付くのに、私の仕掛けにはヒトデしか喰いつかない。良くてネズミゴチ。二時間しか寝てない上にヒトデしか釣れない脱力感から桟橋の上で大の字になってフテ寝である。ああ人でなし。
しかし砂浜でヒトデが釣れるとは。海底の状態が全く想像できない。一体どうなってるのだ?
友人Cがアオイソメを使い果たし、アジの南蛮漬け食べたいべさ?ということで、アジを釣るためにアミカゴ+サビキセット+エサ購入のために小浜新港に移動する。
助手席の足元でたっぷんたっぷん揺れるオキアミバケツがとってもスリリング。こぼれそうでこぼれない、新車にオキアミはおおよそ対極に位置する取り合わせである。
だがそれがいい。
小浜新港で「鯖の竜田揚げ膳」を食べた。これはとても美味しかった。しかし、ネタで買ったワカメソフトクリームは後ろからトンビに半分持って行かれた。何すんねん!トンビソフトクリームの具ににしてやろうか?と心の中で罵倒しておいた。
戯れに撒いてみた餌のために持参したキビナゴに群がるトンビの怖い事怖い事、昔から小浜新港のトンビは人を全く怖がらないところがあったけど、最近はますます凶暴化しているようだ。ちょっと気の利いたトンビなら小型犬の一匹や二匹さらってエサにしそうだし、そのうちに乳児がトンビに連れて行かれてトンビに育てられたトンビ少年発見とかいう事件が起こるに違いない。
大人でもここでヒトデの桟橋のように大の字になって寝てしまうと、鳥葬のような事になってしまう可能性大である。いくら私が卒論で『ツァラトストラはこう言った』を書いたからといってそれはごめんこうむりたい。あなオソロシや。
もう、本当にワカメソフトクリームなんかより、トンビソフトクリームでも名物にすればいいと思うよ。
で、オキアミとサビキセットを購入し、満腹した後、最初の漁港に移動してひたすらアジを狙う。なかなかいい感じの南蛮漬けサイズのアジが釣れまくる。
昔からサビキ釣りってのはあまり好きじゃなかったのだが、オキアミが振ってきてパニックになって右往左往する小魚を見ながら「ふはははー死のダンスを踊るがいい」或いは「ふふふーお食べお食べー」と心の中でつぶやきながら、オキアミをまいて群れをコントロールするのはなかなか楽しかった。
しかし本当にグレの群れは憎たらしい。お前らアジより先に喰うなー!オキアミで寄せた群れにショットガンでも打ち込みたい気分である。
当初は昼までに帰る予定だったはずだが、夕方前に撤収。
しかし、途中でワラビ取りに夢中になって思わぬロスタイム。オッサン二人があひゃあひゃ言いながら山を駆け回る姿はさぞかし微笑ましかったに違いない。私の頭の中にはずっと「アホワラビの歌」が流れていたのであった。
tyouka20090530.jpgということで、雑魚で小魚ばかりのエモノである。潜って魚を突くのが如何に効率が良いかというのがしみじみ判った。

Trackback URL

Comment & Trackback

ワラビとり、えぇなぁ‥‥。
で、クーラーのなかの
イカはどうやって釣ったの?

ワラビは山菜ご飯とぬか漬けにして美味しく頂きました。(^^)v
さすがはキノコ先生!イカに気づかれましたか。これはエサ用に近所のスーパーで三匹198円で買ってきたもので、釣ったものじゃないのでした。(^^ゞ
イカ釣り行きたいですねぇ。

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>