« | »

2008年11月26日

proftpdでlocalhost意外のmysqlに接続する場合の注意点

mail,ftp,webをmysql内のユーザーDBに統合出来たと言う事で、土偶家の外向きサーバーを家向きサーバーから完全に隔離して、Solarisコンテナ内の別ゾーン内に閉じ込めるべく別環境に移行させた。
それに伴って、各デーモンの問い合わせ先となるMYSQLのデーモンも別のまた別の隔離されたゾーン内に閉じ込めたのだが、postfixでもdovecotでローカルホストではない別のホストへのmysql接続が正常動作しても、proftpdだけ全く動かなくなった。
proftpdでmysqlの問合せ先をlocalhost意外にした場合デーモン自体が起動しないのだ。
これは困ったと言う事で色々調べていると、どうやらinetd経由では起動しなかったものがStandAloneではちゃんと動く。
これは仕様なのかバグなのだろうか?
もしかしたら完全にリードオンリーでマウントされているsolarisコンテナ内のゾーン内でのファイルシステムでの運用に問題があったり、confでのsqlのソケットの指定にパーミッションやら何やらの関係で問題があったのかもしれないけど、まぁ動いたのでこれでよしとする。
又気が向いたらデバッグするかもしれない。

Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>