2011年8月23日

今年二回目の海/カワハギとカサゴとボラの白ワイン煮、カワハギの肝ソース

今年二回目の海に行った。前回と同じ場所である。
一回目の出撃は岩場のそこらじゅうがカサゴだらけだった。しかも岩の上にちょこんと乗っているパターンが多く、これを上からではなく横から狙えば、誤射しても岩を突かずにすむので、突くほうとしてはとても狙いやすい。
刺してくれといわんばかりの体勢の目に付いた手ごろなサイズは思わず撃ってしまう。一匹だけ妙にでかい30オーバーのカサゴがいた。
ということで一回目はキュウセンにシロギスにクロダイにカサゴたくさん、そしてなぜか砂浜をうろうろしていた青物を捕獲。たぶんカンパチ。シマアジかもしれない。
s-DSCN2411.jpg
このカンパチ(仮)は塩焼きにしたのだが、ちっこいのに油が乗っていてとても美味しかった。
二回目の出撃ではカサゴをスルー。
キュウセンにボラにカワハギにシロギスにマダコをゲットだぜ。
ってそんなに大げさに言うほどのもんではないけどね。
s-DSCN2423.jpg

(続きを読む...)

2011年7月26日

今年の初海で泳ぐ/海産物貪欲デイズ編

前回は今年初海での「ガザミとサザエのスパゲティー」について書いたが、
ただスパゲティーを作るだけでなく、魚もヤスで突いて捕獲した。
もう昔みたいに必死で大深度の隠れ根なんか探さず、お気楽に水面から見える3メートル以内の浅場の根でおかず取りである。
s-DSCN2313.jpgs-DSCN2316.jpg
一枚目の写真:上からメバル、キジハタ30センチ無いくらい、クロダイ35センチくらい、カサゴ
二枚目の写真:キュウセン、キジハタ、キュウセン、マダコ
と言う感じである。
一匹目のキジハタに放った、岩場の影から背後を取って右側頭部から左目へと抜けるショットが素晴らしかった。
タコは例のごとくナイフアタック。胴体部分をつかんでから口からナイフを入れて目の間を通したので体は無傷である。
茹でた時に傷のあるのとないのでは見た目がだいぶ違うのだ。
魚は血抜きして内臓とウロコと鰓を取った状態で持って帰る。
内臓も食道+腸の消化管、更に肝臓だけは捨てずに綺麗に洗って持って帰って砂糖醤油で甘辛くさっと炊くと絶品である。
メバル、キジハタ、カサゴ、クロダイが美味しいのは当たり前だが、関西では雑魚扱いされるキュウセンも塩焼きにすれば上品な味で素晴らしいのだ。
今回は魚だけでなく食べられそうな気がする謎の海藻と謎の貝も採集したので持って帰って食してみたのだ。

(続きを読む...)

2011年7月25日

今年の初海で泳ぐ/ガザミとサザエのスパゲティー編

平日に仕事を休んで若狭の海に行ってきた。
もう既に小中学校は夏休みに入っているけど海には全く人はいない。
某原子力発電所の近くという事もあるのかもしれない。
今年も捕りたてのガザミ&イシガニと新鮮サザエのスパゲティーを作って食べた。
ガザミは砂浜を、イシガニは岩場を探せば捕獲できる。
イシガニは探せば直ぐ見つかるが、ガザミは砂に潜っているので、カニが潜んでいる微妙な砂の起伏や色目の変化に気付く「目」が出来ていないと発見するのはとても困難である。
いうまでも無くガザミのほうが遥かに美味しいので頑張って捕獲しよう。
でもサザエや貝的な漁業権のきっついものは採らずにちゃんとお店で買って来よう。約束だぞ!
材料は二人分で、カニ2匹とサザエ2個から4個程度。
味付けはオリーブオイルと白ワインと塩胡椒とニンニクと醤油と山葵。
s-DSCN2291.jpg
スパゲティーは無難にde ceccoである。お店によって倍以上の値段の差があるけど、イオン系列のお店なら198円と安いぞ。
ワインはハーフボトルで500円程度のもの。
ニンニクを薄切りにし、サザエを殻から出し、調理器具と食器と調味料の準備が整ったらお料理スタート。

(続きを読む...)

2011年7月22日

2011山鉾手ぬぐい

先日宵山に行ったことを書いたが、各山鉾町会所で販売されている手ぬぐいを二つ買った。
s-DSCN2250.jpgs-DSCN2264.jpg
「木賊山」と「孟宗山」のふたつ。たぶんどちらも2011年の新作である。

(続きを読む...)

2011年6月27日

自作300円底面フィルタ

またしても水槽を一つ衝動買いしてしまったので、設置に当たって濾過装置を自作した。
エアリフト式の底面フィルターである。
煙突状のパイプの一番下の部分からエアポンプで空気を送ると、パイプを上昇する空気の泡に押された水が上部から排出され、
その際に底面のフィルタ部から水が吸い込まれることで濾過される仕組みで、
昔からあるタイプの濾過装置であるが、水槽だけで完結して見た目もとてもすっきりするので私はとても気に入っている。
s-DSCN2019.jpg
材料はメッシュ状のプラボックス、灯油ポンプ、洗濯ネットの三つ。すべて100円ショップで調達した。
以前も一度作ったのだが、今回は二度目と言うことで工作精度が格段に上昇している。
前は底面部に三角コーナーを使ったのだが、今回はプラボックスを使用して面積を確保した。
ポイントは蛇腹部分の曲げ加工とポンプ内部の部品を使ってすべて非接着で作成しているところか?
蛇腹部分は曲げた状態でお湯をかけて水に漬けるとその状態で硬くなるので一番いい角度で固定。
パイプはポンプ部分との接合部の部品を切り出せば、フィルタ部とのはめ込み式の固定具として使える。
フィルタ部に穴を開けるだけで接着剤なしで固定できるので、直ぐに製作して直ぐに設置できるぞ。
自分で言うのもなんだが、合計三百円の激安としてはなかなかクオリティー高いと思う。
しかも横幅32センチの水槽にぴったりすぎるw
って良く見ると画像に手が写ってますな…
ということで設置後の画像は下の通り

(続きを読む...)

2011年6月8日

魔法の大雨でニョ~ロニョロな仲間がポポポポ~ン

先々週に引き続き今週も早起きしてガサガサして来た。
週頭から週末直前まで大雨で川が濁流と化していたのでとても期待していたのだが、果たして期待通りの結果となった。
これは珍しいのではないか?というニョロニョロした魚が二匹ほど取れた。
無駄にデカい画像で紹介してみる。画像はすべてクリックで大きくなりますぞ。
まず「スナヤツメ」
%40DSCN1879.jpg%40DSCN1882.jpg%40DSCN1888.jpg
このスナヤツメは環境省レッドリストで「絶滅危惧II類」に指定されている。
昆虫のように幼体期と成体期でその形を変え、幼生期は鰓穴だけで目も無くデトリタスや藻類を食べるが、成体になると目が現れて口が吸盤状に変化して餌を取らなくなるらしい。
この写真の捕獲したものはかなり小さい10センチほどのアンモシーテス幼生、
三枚目の写真を見てもらえば幼生期の口は吸盤じゃなく「(`・ω・´)シャキーン」みたいになっているのがお分かりいただけよう。
ちなみに一枚目の写真に一緒に写っているのはシマドジョウですな。
なんか同じニョロニョロ系でも根本的なジャンルが全く違うのがお分かりいただけよう。

(続きを読む...)

2011年5月24日

レッツゴー三匹/カマツカストリームアタック/のぞみかなえたまえ

またしても先日の休みの朝には早起きしてガサガサして来た。
先日のスナヤツメ&ムギツクポイントは水が引いてまったくダメだったが、その代わりに巨大な倒木の下でおなかをパンパンにした20センチプラケの半分ほどある巨大ドンコが二匹網に入った。
%40%40-DSCN1732.jpg(クリックで拡大)
ムギツクと同じ場所で取れたので、この魚たちも托卵されるのかと思うとちょっと哀れであった。
気を取り直して場所を移動して、流れ込みの砂場で5センチほどの子供カマツカを三匹捕獲。
最初は大きさからツチフキ?もしかしてゼゼラかも♪と思ったのだが、やっぱりカマツカだった。
そして、この三匹は捕獲直後からこのようにいつも仲がよい。シルバーのメタリックに渋く輝く体色が渋い。
%40%40-DSCN1737.jpg%40%40-DSCN1738.jpg(クリックで拡大)

(続きを読む...)

2011年5月23日

適当ジェノベーゼ/料理というより実験ぽい

先日、フードプロセッサーの替わりにすり鉢とすりこぎで鶏レバーのリエットを作った時に、「ジェノベーゼも作れそう」と書いた。
先日から暑い日が続き、バジルが一気に伸びたので、摘芯&切り戻しついでに、一人分程度のバジルを摘んだのでジェノバソースを作ってみた。
バジルは一旦茂りだすと、切っても切っても爆発的に増えるので、このジェノバソースが作れるとバジルを有効活用できるに違いない。
ジェノバソースというとなんか大層な感じがするが、「なるべく簡単に」をコンセプトに作ってみた。
材料:
 バジルの葉、茎、胡桃の実(本当は松の実)、塩、胡椒、酒、オリーブオイル
ということで、土偶家の巨大すり鉢&すりこぎ、やっぱりすりこぎは山椒の木ですな。
%40%40-DSCN1760.jpg

(続きを読む...)

2011年5月18日

ムギツク兄妹/たくらんをたくらんだ

先日大雨の降った後の休みの日の朝、早起きして近所の川にガサガサに行って来た。
大雨の降った後は魚が岸際に避難してきているせいか、今まで経験的に大雨の後は魚が良く捕れたような気がする。
大きな声では言えないが、私はこの川で始めて「シマドジョウ」とレッドデータブック常連の「スナヤツメ」を見た。
この川にもこんなニョロニョロなお二方が密かに生息してるんやととても感動した。
このお二方は捕って直ぐ網から直接川に帰ってもらったので写真はなし。
私はずっと以前から、ほかの魚やエビを襲わず、喧嘩もせず平和主義者で、水草も食い荒らさない上に、余り大きくならない、その上にお洒落さんな「ムギツク」なる魚が欲しかったのだが、
今回、とうとうその「ムギツク」を二匹捕獲した。
%40%40-mugitsuku01.jpg
しかも体長4センチと6センチの小さな固体でもっとも飼いごろのサイズである。
この二匹は家に持ち帰ってシマドジョウ&ミナミヌマエビ&クロメダカという平和主義者ばかりが棲むユートピア水槽に入れた。
V2ロケットのようないかにも早そうなシルエットと、体の中心をきっちり口先まで通る黒いラインがとってもお洒落である。

(続きを読む...)

2011年5月17日

鶏レバーと大徳寺納豆のリエット/すり鉢はフードプロセッサ

最近はいわゆる「ブラッスリー」とジャンル分けされるようなお店に行くことが多くて、鶏レバーや豚肉や鱈のリエットを食べる機会が多い。
ペースト状になった濃厚な鶏レバーや鱈をあっさりしたバケットに塗って食べるのはもうたまらん。
昔はほとんど食べたことが無かったけど、今はもうほとんど好物といっていいくらいである。
今まではお店でしか食べたことが無く、ずっと作ろうと思っていたのだが、一般的なレシピは牛乳に30分漬け込むだのフードプロセッサーでペーストにするだのとなかなかに大層である。
それに家にはフードプロセッサやらミキサーなどというものは無い。
が、しかし、先日家で焼肉を食べている時に鶏肝を焼きながら、ふと「すり鉢で潰せばいいんじゃね?」と思いついて作ってみた。
焼肉と同時進行で肉を焼きながら具を箸でつまんですり鉢にポイポイ入れてすりこぎでゴリゴリ、と焼肉を焼きながらの片手間で作ってみたのだが、
結果としてとてもうまく出来たのでその作り方を紹介してみる。
rillettes01.jpg

(続きを読む...)

Next »