レンズとお風呂に入る日

最近デジタル一眼レフを買ってからというものカメラが楽しくて楽しくてしょうがない。

カメラに嵌ると次々とレンズが欲しくなると聞いていたのだがまさにその通り。
街に出かけるたびにショーウィンドーに並ぶ単焦点やらマクロレンズを眺めてため息をつき、気分はもうトランペットを眺める黒人少年のよう。
トランペットを眺める黒人少年が憧れるのは皆大好き私も大好きマイルス・デイヴィスであるが、単焦点レンズを見てため息をつくオッサンが憧れるのはアンリ・カルティエ=ブレッソン?植田正治?梅佳代?
それとも篠山紀信?荒木経惟?村西とおる?違う違う!それは色々違うぞー!

カメラのレンズってのは、とんがりコーンや動物クッキーとは違い、欲しいと思ったときに衝動的に買えるような値段ではない。プリングルスと形は大して変わらないのに値段は全然違う。ふしぎ!

以前から私は昔のデーターセンターにしかないようなリースアップのサーバー機をジャンクで買ってきて自宅に設置して、オラオラーこんなんどうじゃー!ここはどうじゃー!とセキュリティーホールを突っ突いたり開発したりして楽しく遊んだものだが、同様にカメラの世界でもジャンクレンズと言うものがある事を知ったのでとりあえずそれを漁ってみる事にした。

私のカメラはニコンの一眼レフの入門機なので、買う時点ではとりあえずニコンの一眼レフは発売以来ずっと同じマウントで物理的に接続できるからマニュアル撮影は出来る。と言うことだけは知っていたのでとりあえずニコンのレンズを探した。

レンズのジャンクコーナーにマウント面を上にしてずらーっと並んでいるレンズを前に「ひよこ鑑定士」のように一本ずつ裏返して、キャノン!ミノルタ!ってなかんじでニコン製のものを探したのである。
しかし、見つかったニコンのレンズはたった一個だけ、TOKINAとかTAMRONとかの互換レンズも探してみたのだが良くわからん!
しかも見つけたたった一個のレンズを覗いてみると埃やらくもりやら何か良く判らない汚れで「これホンマに写るのか?」と言うレベル。
でもまぁその分異様に安い!なんと500円!とプリングルス数個分の値段なので、とりあえず買ってきたのがこの「nikon series E 75-150mm F3.5 」なるレンズであった。

持って帰ってカメラに接続し、マニュアルモードにして撮ってみると普通に写る。当たり前やけど感動した!
こんなにレンズ汚くても写るんやー!」とまずそこに感動した。

とはいえ、色々調べてみると、蜘蛛の巣状に見える汚れはどうやらカビらしい。
私程度では写真を見た限りレンズの汚れが画質にどのように影響してるかぜんぜん判らんのだが、実用上問題なくても、「レンズにカビが生えてる」ってのは字面的に嫌なものだ。
いくら菌類が好きな私でも、「布団にキノコが生えてる」とか「お風呂で納豆菌が繁殖している」とか「夏になると脇の下の酵母菌によるアルコール発酵が活発になる」というくらいの嫌さがある。
ネットにはジャンクのレンズを買ってきて分解清掃している人が沢山いるので、んじゃ私もやってみるかと言うことで分解してみた。

とりあえず、マイナスとプラスのドライバーと一番先の細いラジオペンチと滑り止めマットで何とかなった。

前面4群の8枚、後面3群の4枚、合計12枚の殆どのレンズがもれなくカビだらけ!とりあえずヨドバシの通販で買ったクリーニングペーパーとクリーニング液で拭った位では全く綺麗にならない。
これはもう洗剤で洗うしかないということで台所用洗剤で洗う洗う。
さすがに「ママレモン」的なもので洗ったらカビは完璧にとれた。
次は埃がレンズ内に入らないよう組み立てるだけだが、これが一番難しい。

しかし、私は、スマートフォンの液晶保護フィルムを張るのが大得意である。
どうやると完璧に液晶フィルムを貼れるのかというと

 1.まず裸になります。

いやいや、これはネットにあるネタの一つじゃなくって、液晶フィルムの気泡は極小さい埃が入ることが原因だから、潜在的に埃の発生源を減らすと言うことですな。

次に

2.お風呂でシャワーを浴びます。

これも、体についた埃を落とし、お風呂場の埃を湯気で落とすと言うことですな。

後は

3.裸のまま風呂場でふつーに張る。

で、ここでお風呂場の中で、湯気が無くなってから湯船の蓋の上で、できるだけ明るいライトでチェックしながら完璧に液晶の上の埃を取り除いてフィルムを張れば完璧!
1個の気泡もなく完璧に貼れるこの技術は
どこに出しても恥ずかしくない域に達している
と自分でも思う。

ただし、どこに出ても恥ずかしい格好なので、どこに出ることもできないと言うのが問題なのだが…

ということで、分解したレンズを持ってお風呂場に入り、ひとっ風呂浴びてから、すっぽんぽんでレンズを組み立てた。

途中でレンズの表裏がわからなくなり焦ったけど、ネットで見つけたこの図を見れば無問題!

スマホなら画面が1面のみだが、このレンズは12枚構成で更に表裏で合計24面ある。
その全ての埃を完璧に取るのはいくら私でも無理だ。
クリーニング液で一々拭いていられないので、息を吐きかけて曇らせてからふき取ることにした。
さすがに埃の混入がゼロとは行かなかったけど、それでもこれはびっくりするくらいの綺麗さだ!
もう驚きの白さですよー奥さん!
いやいや白くないけど。

で、組みあがったレンズで友人からオランダのお土産に頂いたストロープワッフルを、最近買ったキノコマグに乗せて撮ってみた。

ふつーに撮ってるだけやのに一眼レフで撮るとそれらしく写るなーワッフルワッフル!
ストロープワッフル美味しゆうございました。又いつもお土産ありがとうございました。

「レンズにカビが生えてるのが字面的に嫌」とかいって始めたレンズの分解清掃やけど、
台所で洗ったレンズを、素っ裸でお風呂場でハアハア言いながら組み立ててるオッサン」の方が遥かに嫌な絵面だな!
良い子のみんなは真似しちゃいけないぞ!約束だ!

amazon ASIN-B00M2VOLSWamazon ASIN-B000FQOWLWamazon ASIN-B003O65Q06

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。