« | »

2008年3月26日

Mac OS X 10.5 Leopard でのPATH

最近仕事でMacを使うことが多いのやけど、独自にインストールしたバイナリにパスを通す必要があった場合、自分のホームディレクトリの.bashrcなどのrcスクリプトに書いてユーザーごとに設定するのじゃなくて、システム環境変数のようにシステム全体として設定したい場合がある。
solarisやったら/etc/profileとか/etc/default/loginとか/etc/default/initでやればいいんやろうと分かるのやけど、MACというかBSDの場合は良く分からん。
ネット上を探してみた限り、ユーザーごとのrcスクリプトで設定するやりかたしか見つからず、システム環境変数やシェルのデフォルト値として設定するやり方は見つからなかったので、macと言えどもUNIXやねんから何とかなるわいということで調べてみた。


で、調べてみた結果、
/etc/profileがログオン時に読み込まれ、そこから/usr/libexec/path_helperが呼ばれ、/etc/pathsなるファイルをもとにしてpathの設定をしているようである。
ということで
/etc/paths を編集し、デフォルトでは

/usr/bin
/bin
/usr/sbin
/sbin
/usr/local/bin

となっている最下行に追加してログオンし直せば問題ないようだ。
確かに、設定の仕方としては分かりやすいけど、動作としては回りくどいような気がする…
でもまぁ 「grep "\/usr\/local\/bin" /etc/*」 って感じでヒットするような作りは探しやすいと言えば探しやすいかもです。

Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>