« | »

2009年8月26日

文章を書くのが楽しい落とし穴 / 立場よりも視点

長らくブログをサボってほとんど放置していたけど、最近再び書くようになった。
放置期間は書きたいことは書くべきことではないという思いにとらわれ過ぎて全く書けなかったが、一旦書き出すといくらでも書ける。ちょっとした思考を糸口に勝手に文章があふれてくる。つくづく私は文章を書くのが好きなのだなと思う。
文章を書いている間、文章で表される私の思考と私の言葉には、明確な意味と整然とした論理があるように思える。
もっとも、村上春樹はそれが大きな落とし穴であると書いているのだが。
話は変わる。
現実的な経済的な理由は勿論の事、精神的にもただ一日を乗り切るだけで重労働であるような人々には、一日を精一杯生きている野生動物にのみあるような美しさというものがある。たとえばそのような見方からの意見は、とても上から目線であるように思う。
たとえそうである当人がそういったとしても、それが上から見下ろした言動であることには違いなく、他の当事者の心に響くことはないだろう。
発言する人の立場であるよりも、発言する人の見方であるとか視点のほうが大事な場合が多いのかもしれない。と思った。

Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>