普通って難しい。

この日はネットしているうちに、東京でOLをしている、いわゆる「ごく普通の人」の日記を延々読んでいた。
自分自身を「負け犬OL」だとか読んでるのでそうでもないのか?
「セカチュー」のキモさにゾクゾクしながらも思わず全部読んで後悔してるというのでそうでもないのか?まぁいいや。
話の内容としては、ランチだとかクラブだとか、海外旅行だとか買った服の話だとか、見たテレビだとか見た映画だとか。
なるほどこれが普通人の生き方か。これが普通人の時間と金の使い方か。と、とても感心したと同時に、いかに自分が普通とはずれているのかがよく判った。


以前までみんなが何をして、何が楽しみで毎日を生きているのかがよく判らんかったけど、そのホームページを見て何となく理解できた。
なるほど、普通のOLはWebサーバーを作ったり、古いロシア人の本を何度も読み返したり、雨の日に自転車で疾走したり、火吹き竹を作ってみたり、火鉢で食パンを焼いたりはしないのだな。
普通のOLは素潜りで魚を突くために水深15メートルを目指したり、より効果的な銛先の形状やシャフトの長さなどや、コンパイラの最適化オプションやccとgccの生成するバイナリのサイズなどにも全く興味がないらしい。
上記のようなことならもう何時間でも眼をキラキラさせて喋る自身があるのだが、特に普通のOLはそんなこと聞きたくもないのがよく判った。
平行線どころかy=2x+1 とy=-3x-2 (x>0) の二つのグラフみたいなもんやな。xが増えれば増えるだけ離れて行くみたいな。
そら誰も俺に寄りつかんわな。
しかし、そのホームページの人だが、『ジェイン・オースティンの読書会』を読むのはまだ良いにしても、「人文系ヘタレ中流インテリのためのマルクス再入門」なんてキャッチコピーがついた本を買う人はやっぱりちょっとおかしい人かもしれない。
って、どう考えても普通やないやん。
とまぁ俺が言うのも何やけど、いずれにせよ俺がもう後戻り出来んところに来てるのはよく判った。

4件のコメント

  • ・・・それが土偶ライフスタイルだから
    なんも問題ないと思いますがねぃ・*:・(人´∀`)ステキダワw。
    後戻りなんてせずに・・・迷わず行けよ、行けばわかるさ・・。

  • ありがとうございます。
    迷わず逝ってきますです。

  • 普通な土偶さんなんて土偶さんじゃないよ!
    スタイルを曲げずにまっすぐ突き進んでいけばその先に見えるものがある! ハズ…

  • 普通な画伯さんも画伯さんじゃないよぅ!
    しかし真っ直ぐに突き進んだ先の事を普通の人は「崖っぷち」とか「泥沼」などと呼んでいるのではなかろうか?と思ったり思わなかったり。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP