また昔のようにブログを書き始めようと思う

かなり昔から私はこのブログを黙々と書いている。
当初はごく親しい私の友人たちだけにしかURLを教えていなかったので、彼らしか読んでいないのだろうと思っていたが、気づけば、いつのころからか、本当に色々な人に、本当に意外な人に見られているらしいことを知った。
思いもかけない人にブログ中で話題にしたことについて現実で話題にされ、思いもかけない人から「ブログ読んでますよー」と声をかけられたりもした。
いったい彼らはどこでこのブログが私のブログだと知ったのだろう?今でも私にはさっぱりわからない。
そして、ブログが縁で知り合ったり友達になった人もいる。
そんな風に、このブログは今の友達から昔からの友達、職場関係から全く面識のない人までいろいろなジャンルの人が読んでくれているのは知っていたのだが、
最近、いや、結構昔かな、ちょっとびっくりするくらいエラい人にまで読まれていることを知ってかなり驚いた。
それからというもの、いやそれからでもないのだが(w、とにかく不意にこのブログの存在意義なんかを考えてしまって、今まで何の気負いも無くただ垂れ流していた文章が全くかけなくなってしまった。
なんつーか、今までなんのけれん味も無く楽しく生きてきた中学生が、高校生になって人生の意味だとか自分の価値だとかに疑問を持ち始めて、とたんに日常生活が送りにくくなってしまうようなもんですな。(w


今まで何も考えることなく当たり前にできていたことについて考えてしまい、突如として全くできなくなるというのは良くあることではある。
結局、自分のブログについての有用性だとか、私にとってのリアルだとか、そんなことに囚われていたということになる。
よく見せようとか悪いことは見せたくないとか誤解されたくないとか聞きかじっただけだったり良く分かってないことは書きたくないとか、書く前から先回りしすぎて全く書けなくなったのだ。
そんなのは書く意味がない。あんなふうに誤解されたくない。こんなのはリアル俺じゃない。
誤解されるようなことは書きたくない。意味のないことは書きたくない。そして何よりリアルな私から出て来たものじゃないものは書きたくない。なんて事を思ってしまっていたのだ。
でも、そう思っているのもリアルな私なのですな。
私がそうやってよく見せようとしている事、都合悪い事はなるべく隠そうとしている事、聞きかじりや良く分かってないのにさも昔からわかっていたように喋ってるってのは、実際私が思う以上に、私を知っている方々はよーく分かってらっしゃる。
私はそういう私のまま、そんな私として周りの人々に受け入れられているわけである。
つまりは、私の中で私がリアルと感じるだけのものが私のリアルなのではなく、
私について私の周りの人が思っているそういう状況含めたものが、私についてのリアルなのですな。
だから、開き直ってええかっこして、言いたくないことは言わずに、都合の悪いことは隠して、言い訳がましいところもそのままに、知ったかぶりに、今までどおり書いていこう。
と思ったのであった。

2件のコメント

  • 「然り」ですな(つД・)

  • (・ω・)→(゜ω゜)クワッ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。