« | »

2008年3月18日

梅に鶯

月ヶ瀬に梅を見に行った。
初めて行ったのやけど、そこら中が梅の木だらけであった。
梅だらけであっても全体的に7分咲き以下だからというわけでも無いやろうけど、桜に比べるとだいぶ地味な印象であった。
でも、地味がならもなんとも渋い控えめな美しさは、桜にはない梅ならではの日本的なものだろうか。
とは言っても桜が日本的ではないと言うつもりでも無いのやけど。
鶯の声を聞きながら梅を見ていると何とも風流な気分になって来る。
桜のように派手に咲き乱れて吹雪いて直感的に感情に訴えかけてくるのではなく、梅の美はちょっと理性的なところに訴えかけてくるようなものがある。様な気がする。みたいな?てな感じ?てな事はない、こともない。

Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>