『〈わたし〉はどこにあるのか 』マイケル・S・ガザニガ 運命論を科学的に否定する

せっかくブログもリニューアルしたことなのでここしばらくでとても面白かった本のことについてでも書こう。
「認知神経科学」であるマイケル・S・ガザニガ の『〈わたし〉はどこにあるのか――ガザニガ脳科学講義』で、著者によるギフォード講義の内容を本にしたものである。

原題は”Who’s in Charge? Free Will and the Science of the Brain”で、「責任はだれにあるのか?自由意志と脳科学」って感じだろうか。
最近読んだ本の中でベストといってもいいほど面白かった本で二回通読した。

内容は右脳と左脳が独立しているという「分離脳」の話と、全ての脳の機能は一般的にイメージされる中央集権的に統一された一つの中枢から指令されて動作するものではなく、脳の中に多数存在する独立した機能としてのモジュールの一つが活性化している状態に過ぎないという話を前提とした自由意志についての話だ。

今まで一般的に抱かれていた「脳」のイメージである中枢システムとその端末的な脳の構成ではなく、実はブロックチェーンで構成された端末のような構造であるというところで結構衝撃的なのだが、この本では「脳に中枢はない」という事実からさらに踏み込んで人間の自由意志と運命論を語るのが従来の「脳科学本」とは一線を画すところである。。

この本では従来の科学館的な「すべては決定されている」運命論的な世界の中で自由意志をもつことが果たしてできるのかという問いに対して、近年のカオス理論でもって、例えば、ある日のある事故が車の中の一本のボルトが原因だと特定することはできても、その一本のボルトが作られた段階である日のある事故が起こるのは予測できない。というように、明確な科学的記述でもって「運命はない」「自由意志はある」と説明しているのに心が震えた。
本文にあるように「私たちは人間であって、脳ではないのだ。」 というところが科学的手法で語られているのにとても感動を覚えた。

しかし、最近この中で示される「分離脳」が追試不可能な「疑わしい研究手法 」だとされているという話を見つけて愕然としている。

心理学・行動経済学等の著名な研究論文が次々に追試失敗【心理学】

これだけ感動した本の中でその根拠となる理論がSTAP細胞みたいなポジションにあることに激しく困惑している。
私の読んだ本の話は全くのデタラメだったのか??
私はそのデタラメを根拠にした話に心を動かされたのか??

と、その困惑も含めて感想としておこう。

amazon ASIN-4480098518amazon ASIN-4535787670amazon ASIN-4062200120

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP